今日の一曲 No.3:チック・コリア「スパニッシュ・ファンタジー」(アルバム「マイ・スパニッシュ・ハート」より)

「今日の一曲」の第3回。
早速語らせていただこうと思う。

昨日正午過ぎ頃から曲創りモードに入り込んでしまい、途中で作業を停止させられずに今日の明け方4時頃までぶっ通しの作業をしてしまった。4時間ほど眠ったようだけれど、やっぱり脳が興奮状態から冷めきっていない感じだ。
脳の使い処を切り替えたくて、それとリラックスのために、この盤をラックから引き出してきた。

第1回と第2回と、いわゆるクラシック音楽とされるものをご紹介したけれど、特に熱心なクラシック音楽ファンという私めではないよ。・・・幼少期に多分に影響を受けたであろう音楽がそうであるとは思うけれど・・・。

今回ご紹介する盤は、ジャズ・ピアニストの「チック・コリア(Chick Corea)」のアルバム「マイ・スパニッシュ・ハート(MY SPANISH HEART)」。もちろん、アナログLPレコード盤、しかも2枚組だ。

チック・コリアの音楽をしっかりと知ったときは、ジャズ・ピアニストとして世界にその名がとっくに広く知られていた。
最初の出会いは(明確な記憶としての認識があるなかでは・・・)、ジャズと呼ばれているジャンルのものとしてではなく、彼がモーツアルトのピアノ作品を演奏するということで注目を浴びたリサイタルで、キース・ジャレットとの共演もあって、ジャズ・ファン、クラシック音楽ファンの双方から注目されたリサイタル(だったらしい)・・・それがリサイタルの数ヶ月後かに録画でテレビ放映されてだった(1985年?)。
その当時は、チック・コリアもキース・ジャレットも「名前は聞いたことがあるなぁ~」という程度でしかなく、ほとんど何も知らずにテレビ画面の前に陣取っては、そこで視聴できる何かよくわからないものを「聴いてみたい!」という好奇心だけであった・・・社会人になって数年の頃だ。
だから、このときの演奏を視聴して、「チック・コリアと、もっと早くに出会っておけば良かったぁ~」と悔しい気持ちにさせられながら、同時に、チック・コリアが演奏するモーツァルトを聴いて、チック・コリアに惚れ込んだというわけだ。
惚れ込んだ理由はというと、私めの語彙力の無さも否めない事実ではあるのだけれど、まさにどう表現したら良いか・・・、音の綺麗さというだけではない、純粋雫が辺りに湧き飛び、舞い拡がるようなピュアな音粒子というか・・・。
やはり、何とも表現しきれない・・・(汗)。この表現の至らなさに、まぁ、だから「音楽なのだ」と、お許し願いたい。

アルバムはこの視聴したリサイタルを遡ること、1976年10月、バーバンク、ケンダン・スタジオで録音されたものだ。
が、このアルバムを実際に手にしたのはその10年後くらいということになる。むしろ、よくもこの盤が手に入ったものだと、今さらながら不思議に思う。

ラテン系スペイン音楽色を当時のチック・コリアが表現したアルバムということだけど・・・、こうなると、ジャズだとか何だとかの音楽をジャンルで区別・色分けすることに無理があるとつくづく思う。
チック・コリアについても、先ほどジャズ・ピアニストと書いてしまったが、アコースティック・ピアノだけではなく、ムーグやオルガン、・・・・さまざまを操る。
1970年代後半から80年代の丁度この時代は、電子・コンピュータ技術の発達とともにあらゆるサウンドが生み出されていて、チック・コリアも特にこの時代にはあらゆるサウンドの可能性に挑んでいるように思う。

このアルバムは、70年代後半、こうした新しい音に果敢にチャレンジしようとするチック・コリアの精神と、ラテン系音楽・スペイン風音楽として脈々と受け継がれてきた伝統的な音たちのルーツがチック・コリアの体内にも流れていて、当時のチック・コリアが彼の感性によってこれらを融合し、それを情熱とテクニックとの全てで詰め込もうとした音楽たち、作品にたち感じる。

なかで、もっとも色濃く表れていると感じるのが、「スパニッシュ・ファンタジー(SPANISH FANTASY)」だ。
これが、パート1、パート2、パート3、パート4と並んで、2枚目のB面の全面、約20分間に渡って収録されている。
チック・コリアのアコースティック・ピアノに、ドラムス、フォーンセクション、アコースティック・ベース、ヴァイオリンが順に対峙しながら進行していく。後半には、更にムークなど電子音的なサウンドも入り込んで混ざり合って、最後はアコースティック・ピアノを中心に、再びこれらの楽器が起こすサウンドが総合して、情熱的で僅かに哀愁を覗かせるラテン音楽の魅惑とともに前面に表れ、クライマックスを再度迎える。
ある意味、大作ではないだろうか・・・。

今日のこの睡眠不足と興奮した脳みそを冷ましてもらうには、こんくらいエネルギーのある音楽で迎えてもらう方がイイ・・・・だなんて言ってもみるが、お気に入りの曲だというだけかも知れない(笑)。

このアルバムに収録されたすべての楽曲から楽しい気分とリラックスとを同時にいただくのではあるけれど、明け方4時頃まで作業をしてしまった馬鹿者(私のこと)の朝にも、もちろんその他ときも、チック・コリアがその時点で持ち合わせているすべてを注ぎ込んだ一曲として、「スパニッシュ・ファンタジー」の存在感を感ぜずにはいられない。

「今日の一曲」の第3回は、挑戦とエネルギーの熱い音楽の一つとして、チック・コリアのアルバム「マイ・スパニッシュ・ハート」より「スパニッシュ・ファンタジー」をご紹介させていただいた。
*************************
本文は、2016年10月5日に、愛間純人のホームページ「ブログ」に載せた原文を、このサイト「Musicians Plaza」用に改訂、加筆したものです。
2019年3月26日現在、「今日の一曲」シリーズの原文はNo.89(第89回)まで愛間純人のホームページで公開されています。
愛間純人のホームページ⇒ https://www.aima-ongakuya.info/  
*********************************

Share this...
Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter

Related

  • 2019.04.17 MUSIC DISC ESSAY

    今日の一曲 No.5:ストラヴィンスキ...

    「今日の一曲」シリーズの第5回です。それ ... 続きを読む
  • 2019.03.30 MUSIC DISC ESSAY

    今日の一曲 No.3:チック・コリア「ス...

    「今日の一曲」の第3回。早速語らせていた ... 続きを読む
  • 2019.04.06 MUSIC DISC ESSAY

    今日の一曲 No.4:メイナード・ファ...

    「今日の一曲」の第4回。 映画「ロッキー ... 続きを読む
  • 2019.03.24 MUSIC DISC ESSAY

    今日の一曲No.2:チャイコフスキー作曲...

    「今日の一曲」の第2回として、早速、語ら ... 続きを読む
  • 2019.03.21 MUSIC DISC ESSAY

    今日の一曲No.1:ドヴォルザーク...

    「今日の一曲」の記念すべき?(笑)・・・ ... 続きを読む